ここから本文です

クロエ・グレース・モレッツ、自身が声優を務めたアニメのポスターに激怒

6/1(木) 14:15配信

cinemacafe.net

フェミニストのクロエ・グレース・モレッツの逆鱗に触れることが起きた。

事件の発端は、ジャーナリストがカンヌ国際映画祭で撮影した1枚の写真だ。それは韓国の監督スン・ホ・ホンによる『白雪姫』のパロディーアニメ『Red Shoes And The Seven Dwarf』(原題)の宣伝用ポスターで、「白雪姫が美しくもなく、7人の小人たちがあんなに小さくもなかったら…?」という一文とともにスレンダーな白雪姫と背が低くふくよかな白雪姫のイラストが描かれていた。

【写真】クロエ・グレース・モレッツ/フォトギャラリー

プラスサイズのモデルであり、「自分の身体を愛そう」と世の女性に呼びかけているアクティビストのテス・ホリデイは、白雪姫の声を務めるクロエに「どうしてこれがマーケティング・チームの承認を得られたのかしら? 子どもたちに“太っていることイコール醜い”と教えるのは良いことなの?」とツイート。そのほか一般人からも非難の声が上がった。

How did this get approved by an entire marketing team? Why is it okay to tell young kids being fat = ugly? @ChloeGMoretz pic.twitter.com/PVhgwluGTM— Tess Holliday (@Tess_Holliday) 2017年5月30日


これに対し、クロエは「私はみんなと同じように愕然とし、とても怒っています。このポスターは私や私のチームが認めたものではありません」と返答している。また、この件をすでにプロデューサーらに伝えたことも明かしており、自分のコントロールを超えたところで人々にイヤな思いをさせてしまったことに謝罪。しかし、「物語自体は若い女性を力づける内容で自分の心に響きました」と映画の内容が人を不快にさせるものではないことを主張している。

最終更新:6/1(木) 14:15
cinemacafe.net