ここから本文です

浅野快足生かせ“荒野のイラク戦”ジャガーに任せろ

6/1(木) 6:02配信

デイリースポーツ

 「日本代表強化合宿」(31日、千葉県内)

 W杯アジア最終予選・イラク戦(13日・テヘラン)に向けて千葉県内で合宿中のサッカー日本代表は5月31日、午前午後の2部練習で調整を行った。イラク戦は劣悪なピッチで行われることが濃厚な中、快足FW浅野拓磨(22)=シュツットガルト=は「ピッチを味方につけたい」と語った。前日午後の練習は回避したFW乾貴士(28)=エイバル=は、午前練習に参加。FW原口元気(28)=ヘルタ=は午後練習から合流した。

【写真】ド派手ヘアの浅野「いきりすぎたかな」

 荒れたピッチが予想されるからこそ、強みが生きる。快足FW浅野がイラク戦へとアクセルを踏んだ。ハリルホジッチ監督が、その劣悪さゆえに「今回のキーになるかもしれない」というピッチ状態。浅野は「相手もミスが起きる可能性がある。ピッチを味方に付けたい」と話した。

 経験が生きる。昨年夏からドイツ2部・シュツットガルトへ移籍。日本に比べて軟らかく、足腰の強さが求められるピッチで奮闘してきた。キッチリと整備された日本と違い「パス1つ、(ボール)コントロール1つの難しさは、日本の何倍もある」。その上で「パッと入って合わせるのは難しい」と語る。

 試合を決める役割が回ってくる可能性も高い。イラク戦では、途中出場での“ジョーカー”としての役目が期待される。「チャンスが来れば、自分が決めるという気持ちで臨んでいる」。ロングボールに反応して、そのまま決勝ゴールへ-。勝つためのビジョンは、既に描いている。