ここから本文です

今季国内初戦の谷原 1打差発進も「全然ダメ」

6/1(木) 19:51配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内男子◇日本ツアー選手権森ビル杯 初日◇宍戸ヒルズカントリークラブ(茨城県)◇7384yd(パー71)

【画像】男子ツアー会場で私服姿の香妻琴乃を発見!

海外転戦続きで、今季国内初戦となる谷原秀人が、1イーグル5バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「68」でホールアウト。3アンダー9位につけて大会を滑り出した。

前週の欧州ツアーで3位に入るなど、今季は海外での活躍も注目を集める。世界で通用するプレーを一目見ようと集まったギャラリーの中で、1番、2番(パー5)の連続バーディで滑り出し。6番(パー5)では、グリーン脇からチップインでイーグルも奪取したが、「ラフからのアプローチがたまたま入ってくれただけ」と本人の表情はもう一つ晴れなかった。

ホールアウト後にボソリと下した自身への評価は、「ショットが思うようにいかない。全然ダメ」。ティショットをラフに入れた10番では、2打目でグリーンを狙えず、ダブルボギー。13番からの3連続バーディで巻き返したが、難関の17番を攻略しきれず再びスコアを落とした。結果として残った悪くないスコアよりも、出入りの激しいゴルフの内容に全く納得がいっていない様子だ。

「すぐ直るようなら調子を落とさないですよ」と苦笑いで吐き捨てながら、「ショットのタイミングが合ってくれば、いいスコアが出ると思う」とも。英国から帰国して即出場のハードスケジュールだが、ラウンド後は2日目以降に向けて練習場で早速打ち込んでいた。(茨城県笠間市/柴田雄平)