ここから本文です

グレイだけじゃない!アナを翻弄するイケメンたちの誘惑テクに注目

6/1(木) 16:00配信

cinemacafe.net

全世界興収5億6千万ドル以上の大ヒットとなった『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の禁断の第2章となる『フィフティ・シェイズ・ダーカー』。恋愛未経験のアナ(ダコタ・ジョンソン)と歪んだ愛を持つグレイによる濃厚な恋愛が描かれた前作からさらに“深化”した本作では、より色気たっぷりに、より男らしいテクニックでアナを誘惑する新キャラクターが登場する!

【画像】『フィフティ・シェイズ・ダーカー』に登場する男性陣

まずは、前作で独特の性癖を持つグレイを色気と狂気たっぷりに演じたかと思えば、海外ドラマ「THE FALL 警視ステラ・ギブソン」では冷酷なシリアルキラー役で高い評価を受けているジェイミー・ドーナン。本作では、歪んだ愛ではなく、「ルールも秘密もナシ」と条件を出すアナを真っすぐに愛することを誓う誠実なグレイを熱演。デート中にアナへ向ける視線にも大人の優しさが感じられ、前作とのあまりのギャップに女子は胸キュン必至!

続けて、前作でアナに想いを寄せていたものの、失恋に終わってしまうホセを演じたヴィクター・ラセック。『ヴィクター・ヴァルガス』(’02)で高い演技力から良質な作品が多数並ぶインディペンデント・スピリット賞にノミネートされ、『GODZILLA ゴジラ』や海外ドラマ「STALKER:ストーカー犯罪特捜班」などにも出演するなど、俳優としてますます深みを増してきている。本作では、アナをモデルとした写真の個展を開くなど、彼女のグレイへの想いを知りながらも密かにアプローチを続けるホセ役を続投。友達とはいえ、そこまで一途な男に女は弱いもの。今回こそ彼の恋は実るのか!?

最後は、大人気の海外ドラマ「The Kinck/ザ・ニック」で高い医療スキルを持ちながら人種差別主義者の医師を演じ、本作ではシリーズ初登場ながら、グレイの強敵ともなるアナの就職先のボス、出版社の編集長ジャック・ハイド役に抜擢されたエリック・ジョンソン。彼は密室になったオフィスで、アナに壁ドン! さらには唇に人差し指を当てる仕草も見受けられ、その大胆すぎる行動にアナだけでなくハートを鷲掴みにされること間違いなし!

アナへの真実の愛に気づき復縁を望む“ギャップ男子”グレイ、健気にアナ想い続ける“純愛男子”のホセ、激しい情欲で迫る“積極的男子”ジャック。そんな彼らに、アナはどう答えるのか…! 

ジェイミーは自身が演じたグレイについて、「2人の関係が発展していき、グレイが愛のために犠牲を払い、妥協し、自分を変えていくことになる。これはとても重要だ。それに大いに共感できる部分でもあると思うよ」と説明。一方、ライバルとなるジャックを演じるエリックについては「ジャックは厄介な男だ。一見チャーミングで魅力的で人当たりがいいけど、人に危害を及ぼしかねない邪悪さも秘めている。エリック自身は本当にいい人だから危険な人間だなんて誰も想像できないだろう。でも、彼は見事に演じて見せた」と、ライバルを称賛。「ただ、少し背が高すぎるのはいただけない」と、彼の高身長を冗談交じりに語るなど、キャスト同士の仲の良さがうかがえる。

原作者のELジェイムズは、この2人の俳優について、「ジェイミーのことは全体的に信頼していた。彼は面白くて才能豊かな素晴らしい人よ。お互いのことを前作以上に知ることができたし、彼のことを心から信頼してるわ。ジャック・ハイドは嵐の前触れのような人物で、そんな重要な役をエリックが演じてくれたのは素晴らしいことだった。彼はハンサムで長身で、不気味な要素も見事表現できる。いままで出会った人たちの中でも特に好青年なエリックがハイドを演じるなんて、とにかくおもしろかったわ」と大絶賛。

さらなる“深化”を遂げたイケメンキャラたち。原作者のジェイムズもメロメロになるほどのナイスガイっぷりを魅せつけた俳優陣に目が離せない。

『フィフティ・シェイズ・ダーカー』は6月23日(金)より全国にて公開。

最終更新:6/1(木) 16:00
cinemacafe.net