ここから本文です

【ドイツ】コンチ、中国・百度と戦略的提携 自動運転などモビリティー分野で

6/1(木) 11:45配信

NNA

 独タイヤ・自動車部品大手のコンチネンタルは5月31日、中国のインターネット検索エンジン大手の百度(Baidu)と、自動運転などのモビリティー分野で戦略的提携を結んだと発表した。
 両社は互いの強みを補完し合い、技術ノウハウを活用することで、包括的かつ安定したソリューションを提供できる技術や製品、ビジネスモデルを開発する。具体的には、◇先進運転支援システム(ADAS)や自動運転向けのセンサーシステムおよびソフトウエアの開発◇人工知能(AI)を含む百度の自動運転向けソフトウエア・プラットフォーム「アポロ」の利用◇サイバーセキュリティー◇コネクテッドカー(つながる車)◇路上テスト◇データ収集◇自動運転の解析――などの面で協業を模索する。
 コンチネンタルは併せて、中国の電気自動車(EV)スタートアップのNIOと提携したことを明らかにした。まずNIOのスポーツタイプ多目的車(SUV)「ES8」にサスペンションシステムやタイヤを提供し、今後はEVや自動運転でも協業する予定だ。「ES8」は2018年に発売される予定。

最終更新:6/1(木) 11:45
NNA