ここから本文です

アスモ 地元湖西で勝利 卓球・日本リーグ女子

6/1(木) 8:15配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 2017年度前期日本卓球リーグ女子1部ホームマッチ湖西大会(日本卓球リーグ実業団連盟主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が31日、湖西市アメニティプラザで行われた。16年度の後期2部リーグを制して1部に復帰したアスモ(同市)は地元で2戦目に臨み、中国電力(広島市)に3-2で勝利した。アスモの1番手河村は相手の勢いに押され、流れをつかめずに敗れた。しかし2番手平田はバックハンドやサーブでゲームを優位に運び、フルセットの末に勝利するとチームが勢いに乗った。

 ダブルスには1月の全日本選手権で初優勝した平田・永尾組が出場。勝負どころで連係の良さと集中力を発揮し、逆転で勝利した。4番手永尾は負けたものの、5番手で新加入の馬場が日本リーグ初出場ながら冷静な試合運びで勝ち、この試合を制した。

 西條かおり監督は「選手全員が一緒に戦う気持ちを出してくれた。格上チームに勝ったのは今後に弾みがつく」と話した。

 アスモは6月7~11日、前期の残り5試合を日本卓球リーグ松江大会で戦う。



 アスモ 3(単 2―2 複 1―0)2 中国電力 

   河村 0―3 三宅 ○

 ○ 平田 3―2 宋 

 ○ 平田・永尾 2―1 土井・土田紀 

   永尾 0―3 土井 ○

 ○ 馬場 3―1 土田佳

静岡新聞社