ここから本文です

デロッシ、ローマと契約延長 発表は偉大な“バンディエラ”に配慮

6/1(木) 12:00配信

ISM

 ローマ(イタリア)は現地時間31日(以下現地時間)、MFダニエレ・デロッシ(33)との契約を2年延長したことを発表した。

 現行契約が今季限りとなっていたデロッシ。インテルなど複数のクラブが関心を示しているといわれていたが、クラブと新契約を結ぶこととなった。

 デロッシはクラブの公式チャンネルに対し、「数日前から決まっていたことだが、日曜日(5月28日)に発表しないようにお願いしてあったんだ。別の選手のためにささげる一日だったし、(自分の契約延長の)公式発表を遅らせたかった」とコメントした。

 「日曜日」とは、ローマで25年間プレーしてきた主将のFWフランチェスコ・トッティが同クラブでラストゲームに臨んだ日であり、試合終了後には盛大なセレモニーが行なわれた。デロッシは、クラブの偉大な“バンディエラ”で、友人でもあるトッティに配慮したことを明かしている。

 トッティと同様に地元出身で、ユース時代から一貫してローマでプレーするデロッシ。2003年のデビュー以来、同クラブで561試合に出場し59ゴール、51アシストを記録している。また、イタリア代表としても112試合に出場。2006年W杯決勝でもプレーし、優勝に貢献している。(STATS-AP)

最終更新:6/1(木) 12:00
ISM