ここから本文です

テネリフェ柴崎、レアル・マドリー相手の2ゴールを振り返る「僕の助けになった」

6/1(木) 20:04配信

GOAL

世界に驚きを与えたあの2発から、早半年が経過した。テネリフェMF柴崎岳が、クラブ・ワールドカップ(W杯)決勝でレアル・マドリー相手に叩き込んだゴールを振り返っている。

昨年12月に日本で行われたクラブW杯。決勝でマドリーと対戦した鹿島アントラーズは、柴崎の2得点で欧州王者をあと一歩で敗退というところまで追い詰めた。結局延長戦の末にマドリーが4-2で勝利を収めたが、その一戦で「シバサキ」の名は瞬く間に全世界に広がった。

そして先日、柴崎はスペインで初ゴールを記録している。5月28日のリーガ2部第40節、アルコルコン戦で挙げた得点は、3-1の勝利につながるバースデーゴールだった。

柴崎はその得点について次のように話している。スペイン『マルカ』がコメントを伝えた。

「ゴールは嬉しかったです。チームの勝利に貢献できましたから。ゴールしたのは僕でしたが、重要だったのはチームの勝利であり、それによりプレーオフ出場に近づいたことです」

「(あまり得点を喜んでいないように見えたが)そうかもしれないですね。でも、そういうのは僕のスタイルではありません。いつも落ち着いている。それが僕の性格です」

思えば、マドリー戦でもゴールの喜びを派手に表現してはいなかった。柴崎はあの試合における2得点を振り返っている。

「そうでしたね。ゴールを決めた時に走り回って叫ぶというのは、僕のスタイルではないんです。でも、いつもすごく嬉しいですよ」

「すべてが僕の助けになったと思っています。鹿島は(クラブ・ワールドカップを)素晴らしい大会にしました。コロンビアのチームを破り、専門家やファンの方々を驚かせたのではないでしょうか。決勝では延長でレアル・マドリーに負けてしまいましたが、良い大会にできたと思います。あの2ゴールは、常に僕の助けになっていますよ」

GOAL

最終更新:6/1(木) 20:04
GOAL