ここから本文です

がん診断 最新装置導入 近隣施設の患者受け付け 市立静岡病院

6/1(木) 8:25配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡市立静岡病院(同市葵区)は、がん診断用の陽電子放射断層撮影兼コンピューター断層撮影(PET-CT)装置を導入した。地域がん診療連携拠点病院としての機能強化を図る狙い。1日から、近隣医療施設の紹介を受けた患者の検査を受け付ける。

 PET画像とCT画像が同時に撮影でき、画像を重ね合わせることでがん細胞の位置や大きさ、進行度合いを調べられる。PET-CT装置はほかの施設でも導入例はあるが、同病院の装置は最新型で解像度が高く、正確な診断が可能という。

 PET-CT検査は2010年に早期胃がんを除く悪性腫瘍が保険適応となった。装置購入や施設改修の費用は計約4億円。

静岡新聞社