ここから本文です

カープカラーの駐車場が広島に開設、地域貢献機能も…三井のリパーク

6/1(木) 16:15配信

レスポンス

三井不動産リアルティは6月1日、広島東洋カープのカラーやキャラクターを配した地域貢献型の「三井のリパーク」広島猿猴橋町第3駐車場を広島市に開設したと発表した。

[関連写真]

駐車場は、広島駅とカープの本拠地マツダスタジアムの間に位置しており、駐車場付近は、試合観戦に訪れる野球ファンや、近年増加する訪日外国人観光客などでにぎわう。

駐車場内の看板やパネルには、三井のリパークのブランドカラーである緑色ではなく、カープのイメージカラー赤色を使用し、マスコットキャラクターの「カープ坊や」が登場するなど、地域活性化につながる駐車場となっている。また、広島県内では初となる駐車場シェアリングサービス「toppi! (トッピ!)」も導入し、三井のリパークのホームページ、またはアプリから車室を事前予約できる。

さらに、地域限定のラッピングデザインを施した「高機能自動販売機」や停電時にも機能する「ソーラーLED街路灯(非常用電源・AED付)」など、災害時にも対応した支援設備を導入したほか、一部舗装面を緑化する「バンブーソルコマット」や有害物質を分解する「光触媒フィルター」を設置した排ガスパネルなど、環境に配慮した設備を導入。駐車場利用者だけでなく、地域住民にも貢献できる様々な仕組みを取り入れた地域貢献型の駐車場となっている。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:6/1(木) 18:19
レスポンス