ここから本文です

来年の選挙、NAFTA再交渉急ぐ動機に=メキシコ経済相

6/1(木) 9:54配信

ロイター

[メキシコ市 31日 ロイター] - メキシコのグアハルド経済相は31日、ロイターに対し、米国の中間選挙とメキシコ大統領選が2018年に控えていることが、北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉の年内終了を両国が目指す動機となると語った。

その上で、両国間に交渉の年内終了を目指すという合意はないと述べた。

これとは別に、米国のロス商務長官は31日、NAFTAの再交渉を完了させるのに最適な時期は、現在から来年1月初めまでの間だとの見解を示した。

最終更新:6/1(木) 9:54
ロイター

Yahoo!ニュースからのお知らせ