ここから本文です

韓国マクドナルドのプレミアムバーガー、「顧客忠誠度大賞」1位に 客自らカスタマイズ

6/1(木) 14:09配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 韓国マクドナルドで販売するセルフオーダーバーガー「シグネチャーバーガー」が、消費者が選ぶ「2017ブランド顧客忠誠度大賞」手作りバーガー部門で1位を獲得した。(カンナム経済新聞)

シグネチャーバーガーはタッチスクリーンで注文

 韓国消費者フォーラムが主催する同賞は、全国の消費者を対象にブランド信頼、ブランド愛着度、再購買意欲など5つの項目で実施したアンケート調査を集計し、各部門ごとに選定。5月30日ソウル市ヨイドにある「コンラッドホテル」で開催された授賞式には、韓国マクドナルド理事のキム・ギファさんが出席した。

 「シグネチャーバーガー」は、店舗内に設置されたタッチ画面を使ってバンズ、パティ、チーズ、野菜、ソースなど24種類の材料を自ら選んで注文するカスタマイズ型バーガー。価格は単品7,500ウォンと、同社が販売する既存の商品に比べ高額だが、「シェイクシャック」の韓国上陸をはじめとするプレミアムバーガーブームの波に乗り、2015年8月の発売開始以来、月平均20%以上販売成長を記録するほど人気を集める。同商品は当初カンナム地区6店舗限定で販売したが、徐々に販売店舗数を拡大。現在全国440店舗のうち380店舗で販売、340店舗では同商品のデリバリーにも対応する。

 同社では「シグネチャーバーガー」の販売に合わせ、売り場にタッチスクリーン式のデジタルキオスクを設置し、顧客の利便性も継続的に高めてきた。同社関係者は「デジタルキオスクで集めた消費者情報を分析し、今後もサービスの拡大に努めていきたい」と話す。

みんなの経済新聞ネットワーク