ここから本文です

稀勢の里「僕は反面教師で」口上絶賛 弟弟子の晴れ姿を満面の笑みで見守った

6/1(木) 6:03配信

デイリースポーツ

 日本相撲協会は5月31日、両国国技館で名古屋場所(7月9日初日、愛知県体育館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、夏場所で11勝を挙げた関脇高安(27)=田子ノ浦=の大関昇進を満場一致で決めた。新大関の誕生は15年夏場所後の照ノ富士以来。平成生まれの日本出身力士では初めて。都内ホテルで行われた伝達式では「大関の名に恥じぬよう、正々堂々精進します」と口上を述べた。同部屋の横綱稀勢の里(30)は控室で口上をかまないよう助言するなど、満面の笑みで弟弟子の晴れ姿を見守った。

【写真】高安と秋元才加 母が共にフィリピン人でいまも交流の幼なじみ

 弟弟子の晴れ姿を見守った稀勢の里は満面の笑みを浮かべ、ガッチリ握手を交わした。口上を絶賛し、「素晴らしいんじゃないですか。僕はかんでしまったので。反面教師で」と自虐ジョーク。控室で「オレみたいにかむんじゃないぞ」と助言したこともノリノリで明かした。

 横綱昇進時、「高安を大関に引き上げるのは使命」と期した。成長は誰より肌身で感じてきた。「下から突き上げる力、全身の力を感じてこれは(昇進が)あると確信していた」と、うなずいた。

 左上腕部などの負傷で夏場所は途中休場したが、弟弟子の取組だけは欠かさず見た。「安心して見ていた。期待に応えてくれてよかったけど、まだまだ今場所も力を出し切れていない部分もあった」とまだ強くなることも確信している。

 自身のケガの具合に関しては「きょうは僕はいい」とだけ話し、「大関の次はもう一つ上がありますから、一緒に稽古して目指していければいい」とハッパ。2人でさらに角界を盛り上げていく心積もりだ。