ここから本文です

<山崎育三郎>7月期ドラマ初主演で結婚相談所の所長役 ヒロインに高梨臨

6/2(金) 5:00配信

まんたんウェブ

 俳優の山崎育三郎さんが7月スタートの連続ドラマ「あいの結婚相談所」(テレビ朝日系)に主演することが2日、明らかになった。山崎さんは成婚率100%を誇る結婚相談所の所長役で、ドラマ初主演。また、ヒロイン役で高梨臨さんが出演する。

【写真特集】井上芳雄と山崎育三郎が仲よすぎ! 顔を近づけ合い…

 ドラマは2010~2016年に「ビッグコミックオリジナル増刊号」(小学館)で連載された矢樹純さん原作、加藤山羊さん作画のマンガが原作。元動物行動学の准教授の藍野真伍(山崎さん)が所長を務める「あいの結婚相談所」は、入会金はお高いが、200万円さえ支払えば条件にピッタリの相手を探し出し、必ず結婚へと導いてくれるという結婚相談所。藍野は「愛は邪(よこしま)なもの。余計な恋愛感情をできるだけ排除することが成婚への近道」という信念のもと、「婚約が成立するまで、お相手の方と直接会ってはならない」というルールを設け、動物行動学の研究を生かした独自のカウンセリングで、ワケあり男女たちを結婚に導いていく……という内容。

 高梨さんが藍野のアシスタントでシスターのシスターエリザベス/猪田花子役を演じるほか、毎週、依頼者役でゲストキャストが出演する。山崎さんは「僕が演じる藍野は、一見つかみどころがなくミステリアスに感じますが、とても魅力的な役なので、どのように役と向き合うか今からとてもワクワクしています」と語り、「入会金200万円という大金を持って現れるワケありの男女が、どんな理由があって結婚相談所を訪ねて来るのか、毎週変わる相談者役の個性豊かなゲストの皆さんとの共演も楽しみです」とコメントしている。

 高梨さんは、ドラマの見どころについて「私が演じるシスターの目線だと、藍野さんはこんなことを考えて2人を結び付けようとしていたんだ!という驚きがある。そこが毎回のストーリーでとても面白いところでもあると思います」と話し、自身の役柄については「ぜんぜんシスターっぽさは出てこないシスター役ですが(笑い)、自分がこれまであまり演じたことがない新しいキャラクターなんです。たくさんツッコミを入れたり、コミカルな部分もあって、そこは自分の中でも演技をする上での挑戦だと思っています」と話している。ドラマは7月から毎週金曜午後11時15分放送。