ここから本文です

NBA=ジェームズ所有の家荒らされる、ファイナル開幕前日

6/1(木) 11:03配信

ロイター

[ロサンゼルス 31日 ロイター] - 米プロバスケットボール協会(NBA)、キャバリアーズの主力選手、レブロン・ジェームズ(32)がロサンゼルスに所有する家が荒らされ、人種差別的な落書きの被害に遭ったことが明らかになった。ロサンゼルス警察が31日に発表した。

警察の広報担当者によるとジェームズの家の表門にスプレーで落書きがされており、現在捜査中だという。犯行が行われたのは31日未明で、落書きの具体的な内容についてはコメントしなかった。広報担当者はロイターの電話取材に対し、犯行が行われた時刻にジェームズは不在だったと述べた。

6月1日からカリフォルニア州オークランドでウォリアーズとのNBAファイナルを戦うジェームズは会見で事件について聞かれると、「どんなに裕福で有名で、多くの人々に尊敬されていたとしても、黒人として米国にいるのはタフなことだ」とコメントした。

被害に遭ったジェームズの家から数軒先に住む女性は取材に対し、事件についてぞっとしたとコメント。「犯人を探し出し、ヘイトクライム(憎悪犯罪)として罰してほしい」と語った。

最終更新:6/1(木) 11:03
ロイター