ここから本文です

「東大阪モノづくり製品選2016」英語版動画を公開 海外に技術をアピール /大阪

6/1(木) 16:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 東大阪市経済部モノづくり支援室が5月28日、東大阪のものづくり企業と街の魅力をPRする海外向け動画「2016 HIGASHIOSAKA MONOZKURI SELECTION」をユーチューブで公開した。(東大阪経済新聞)

 市花園ラグビー場が会場の一つとなっているラグビーW杯2019開催に向け、国際都市への発展を目指す同市。W杯を海外観光客、海外政府関係者、海外企業と接点を持つ絶好の機会と捉え、市内ものづくり企業の販路開拓や海外に向けた市の魅力を発信する「モノづくりのまち東大阪技術力アピール事業」に取り組む。

 同事業では、市内に本社や製品の主要となる部分を製造する工場があり、自社製品として出荷していること、海外販路開拓を目指していることなどの条件で、PR媒体掲載企業を募集。選ばれた30社を取材し、3月には日・英2カ国語のパンフレットを作製した。同パンフレットはジェトロの海外事務所や在阪領事館に配布し、掲載企業経由で海外でも配布する。

 動画は日本語版と英語版を制作し、日本語版を4月に公開。デザインねじやオーダーねじを手掛ける川端ネジ製作所(東大阪市衣摺4)のインテリア用ポストカード立て「アートスクリュー」、高橋畳工業所(立花町)の金具を使わず製作する和テイストの「タタミトートバッグ」、海外での評価も高い大阪バネ工業(高井田西3)の「大型コイルばね」を中心に、工場や製品を紹介する。

 同動画では、有機的ネットワークによる分業体制で多種多様な製品作りを行い、多品種、小ロット、短納期を得意とする「モノづくりのまち東大阪」も紹介している。

 動画の活用について同室の巽佳之さんは「市主催のものだけでなく協力団体の展示会など、あらゆる機会を捉えて広報・展開していきたい」と話す。

みんなの経済新聞ネットワーク