ここから本文です

【安田記念】香港馬ビューティーオンリー 本番さながらのゲート追い敢行

6/1(木) 20:40配信

東スポWeb

【安田記念(日曜=4日、東京芝1600メートル)注目馬1日最終追い切り:東京競馬場】前走のチャンピオンズマイルこそコンテントメントにクビ差及ばなかったものの、ロゴタイプら日本馬3頭を一蹴した昨年暮れの香港マイル覇者ビューティーオンリー。直線で大外から豪快に差し切った勝ちっぷりは日本のファンにも大きなインパクトを与えた。

 中間のリラックスした雰囲気からも体調の良さは明らか。この日も「リクエストに応えてくれた」とクルーズ調教師。2006年Vブリッシュラックが敢行した本番さながらのゲートからの追い切りは、枠入りスムーズに勢い良く飛び出すと、2ハロン目からトップスピードへ。コーナーでもスピードを維持したまま直線は流して6ハロン76・7―42・6―16・2秒をマークした。

「昨年も遠征するプランを考えていたくらいで、日本の硬い馬場はこの馬には合っているはず」とトレーナーは香日マイル王の座をハッキリと視界にとらえている。

最終更新:6/1(木) 20:40
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ