ここから本文です

“山の神”柏原竜二さん 富士通アメフトチームのマネジャーに

6/1(木) 12:46配信

デイリースポーツ

 箱根駅伝で“山の神”として活躍し、今年4月に現役引退を発表した柏原竜二さんが、所属する富士通の社会人アメフトチーム・フロンティアーズのマネージャーとなったことが1日、分かった。同チームのチームブログで柏原さんが明かした。

【写真】陸上 “2代目”柏原引退、“山の神”たちの今

 「実は、この4月から強化運動部の一環としてフロンティアーズの一員として、ひそかに活動をしておりました。本当であれば、4月での発表がベストだったのですが、『しっかり会社を学ぶ期間がほしい』、『すぐに発表してフロンティアーズが軽く思われてほしくない』、『人前に大手を振って出ない期間、お休みがほしい…!』という思いがあり、少し落ち着いた6月での発表となりました」。4月からKというイニシャルで「アメフトを知らない世界の住人が現場を見てみたら」というタイトルでブログを更新していたが、晴れて正体を明かした。

 「最初は慣れないことも多く、緊張しましたが、フロンティアーズの選手たちが自分を受け入れてくれて、時には激しく弄ってくれました(投げ飛ばされてみたり…)。今やボールの投げ方やキャッチの仕方はばっちりです(笑)」と、すっかり溶けこんだ様子で、アメフトのボールを投げる姿も公開している。

 アメフトの魅力については「私から言える事は単純です。『アメフトは最高に楽しいよ!』、『特にシュミレーションRPGが好きな人にお勧めです!』、『戦略がいかに大事なのか?を知れば知るほど分かってきます!』」と、語った。

 自身のツイッターでは外国人選手に「MG(マウンテンゴッド)」とあだ名を付けられたことも明かした。

 柏原さんは引退後、社業に専念。強化運動部のサポートや、地域・社会貢献活動の補助などを行っている。