ここから本文です

吉川ひなの 実兄との“セット売り”に積極的「どこでも行く!」

6/1(木) 20:42配信

東スポWeb

 タレント・吉川ひなの(37)と実兄でボディービルダーの高田一也(46)が1日、東京・港区の六本木ヒルズで行われた「ヴーヴ・クリコ カーニバル」PRイベント(モエヘネシー ディアジオ主催、同所で2~11日まで)に出席した。

【写真】背中がぱっくり割れたセクシードレスに身をつつむ吉川ひなの

 兄妹で公の場に出るのは初めて。ひなのは「お兄ちゃんと初めてこういう場に立てるのはうれしい」と笑みを浮かべると、一也と乾杯して大好きな高級シャンパーニュを堪能した。

 さらに「お兄ちゃんは優しくて仲良し。お互いにおしゃべりで、翌日の早朝に仕事が入っていても朝までしゃべっていることがある。すっきりして満足する」と、兄が好きで好きで仕方ない様子。また、ひなのの長女(5)も、独身の一也と「結婚する」と言うほど慕っているとか。

 そんな兄はトップモデルの妹もうらやむ美肌をキープしつつ、新宿2丁目近辺でジムを経営。ひなのの前夫・IZAM(45)と同じく、ビジュアル系バンドのボーカルを経て、ボディービルダーとして花開いた。

 一也は「最近、よく行動をともにしており、気持ちが通じ合っている。昔から物分かりがよくておとなしかったが、自分とはどこか違って光るものがあると思っていた。プロとして尊敬している」と、モデルとして頂点を極めた妹を絶賛した。

 子供のころは一也がひなのを連れ回し、虫、ザリガニ、魚取りで遊んだという。今は「世間的にはそう見えないかもしれないが、のみこみがよく運動神経がいいので教えやすい」と週3回トレーニングを施し、妹の肉体改造を手伝っているという。

 そんな仲良し兄妹も、以前は大ゲンカをして3年間しゃべらないことがあった。ひなのは「何でケンカしたのか、何をきっかけに仲直りしたのかもわからない」と苦笑するが、一也は「2人ともトレーニングとヨガ、健康に興味がある。このまま刺激を与え合うことができればいい」と冷静だ。

 関係者によると、先日、「有吉反省会」(日本テレビ)でバラエティー番組デビューを果たした一也は、芸能活動を広げたいと望んでいるという。

 一也は本紙の直撃に「いい年なので今さら」と消極的な姿勢だったが、ひなのは「2人で呼んでもらえるならどこでも行く」と最愛の兄との“セット売り”に積極的だった。

最終更新:6/1(木) 21:04
東スポWeb