ここから本文です

楽天則本が野茂超え プロ野球新の7試合連続2桁奪三振

6/1(木) 21:10配信

東スポWeb

 楽天・則本昂大投手(26)が1日の巨人戦(Koboパーク)に先発し、プロ野球新記録となる7試合連続2桁奪三振を達成した。1991年に野茂英雄(近鉄)がマークした6試合連続を26年ぶりに更新した。

 まず2回、小林をスライダーで空振り三振に仕留めると、3回は脇谷をスライダー、立岡、坂本を直球でそれぞれ見逃し三振。4回はマギーを直球で見逃し三振と5者連続で三振を奪い一気にペースを上げた。しかし、村田に左翼席へ2ランを浴びて先制を許してしまう。結局、この回は石川から直球で空振り三振を奪って6Kとした。

 5回は三振なしだったものの、6回は阿部をフォークで空振り三振。その裏に味方打線が3点を奪って試合をひっくり返すと、7回は山本をフォークで空振り三振。立岡からもフォークで空振り三振を奪い、日本新へ「王手」をかけた。

 偉業達成の瞬間は3―2とリードした8回無死走者なしの場面。この回先頭の坂本に対し、フルカウントからフォークで空振り三振を奪って達成した。続くマギーも直球で空振り三振。阿部からもフォークで空振り三振を奪い、8回12Kとした。

 メジャー記録はペドロ・マルティネス(レッドソックス)、クリス・セール(ホワイトソックス、レッドソックスで記録)の8試合連続。

【今季の則本登板試合と奪三振数】
4月4日・対ソフトバンク(Koboパーク)=8奪三振
4月12日・対西武(Koboパーク)=4奪三振
4月19日・対西武(メットライフ)=10奪三振
4月26日・対ロッテ(Koboパーク)=10奪三振
5月3日・対オリックス(Koboパーク)=12奪三振
5月10日・対ロッテ(Koboパーク)=12奪三振
5月17日・対日本ハム(盛岡)=12奪三振
5月25日・対オリックス(ほっともっと)=10奪三振
6月1日・対巨人(Koboパーク)=12奪三振

最終更新:6/1(木) 23:12
東スポWeb