ここから本文です

阪神・高山 凱旋試合で“天国と地獄”

6/1(木) 23:18配信

東スポWeb

 阪神・高山俊外野手(23)が故郷・千葉の凱旋3試合目となった1日のロッテ戦第3R(ZOZOマリン)で“天国と地獄”を味わった。

 初回にプロ通算3本目となる第5号先頭打者弾など2安打を放ったものの、その後は2度の絶好機に凡退。守備でも初回の鈴木、8回の三木の打球処理に失敗し、この拙守が響いて試合は1―8と大敗した。

「(守備の)一歩目のスタートを誤った?はい、そうです」(高山)に、中村外野守備コーチは「プロに入るまで守備に興味がなかった人間なんで根気強く指導していく」といい、金本監督も「期待しているから使っている。(守備は)集中して練習するしかない!」とさらなる成長を促した。今カードでは2本塁打、3試合連続打点を挙げ「郷土愛」を見せ付けた高山だが、ザル守備だけはもうご免!?

最終更新:6/1(木) 23:22
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/26(月) 19:00