ここから本文です

吉田栄作、48歳 お姫様だっこ「結構きつい」

6/1(木) 15:54配信

デイリースポーツ

 俳優の吉田栄作(48)が1日、大阪市内で主演舞台「ローマの休日」(7月26、27日、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)の取材会を行い、再々演への意気込みを語った。吉田は同作を、舞台に表現の場を広げてからの代表作と位置づけ、役者として40代キャリアの全てを掛けて臨む覚悟を示した。

【写真】平子理沙、元夫・吉田栄作との離婚に言及「戻りたいときに戻ればいいかな」

 「おそらく、これが最後(の上演)になるのではと思いますので」と冒頭であいさつした吉田。その真意を問われると、7年前の初演の際に関係者から掛けられたという言葉を紹介した。当時、関係者から「君の40代の仕事にしたらいいよ」とエールを送られたといい、吉田もその思いでこれまで取り組んできたと明かした。同作について「僕が舞台という表現の場に活動を広げてからの代表作なのかな」と話し、「自分でもしっかりそう(代表作と)言えるように、しっかりやらせていただこうと思います」と決意を述べた。

 48歳の吉田は、「お姫様だっこで、(相手を)軽々と持ち上げるのも結構きつい」と冗談交じりに歳月の経過を振り返った。その上で、「昔の方が良かった」との声が出てきてしまうかもしれないと再々演への不安も明かし、「僕自身も怖くもあり、楽しみでもあります」と上演を待ち望みにした。