ここから本文です

U20FW小川航基は靱帯と半月板を損傷 磐田が発表

6/1(木) 16:36配信

デイリースポーツ

 J1磐田は1日、U-20日本代表FWで同ワールドカップ(W杯)に出場し、5月24日のウルグアイ戦で負傷した小川航基が帰国後に静岡県浜松市内の病院で検査の結果、「左膝前十字靱帯損傷、外側半月板損傷」と診断されたことを発表した。

 トレーニング合流まで、手術後、約6カ月の見込みだという。