ここから本文です

第1四半期の伊GDPは前期比+0.4%、速報値から大幅に上方修正

6/1(木) 18:25配信

ロイター

[1日 ロイター] - イタリア国家統計局(ISTAT)が1日発表した第1・四半期の同国国内総生産(GDP)改定値は前期比0.4%増で、先月発表の速報値(同0.2%増)から上方修正された。堅調な内需が成長を支援した。前年比では1.2%増。速報値の0.8%増から上方修正された。

昨年第4・四半期の成長率は前期比0.3%、前年比1.1%で、前回発表値(前期比0.2%・前年比1.0%)から上方修正された。

ジェンティローニ政権は今年通年の成長率目標を1.1%としているが、実際の成長率が目標を達成、もしくは上回る可能性が出てきた。

統計局によると、第1・四半期は、貿易がGDPにマイナスの寄与となる一方で、堅調な消費支出と在庫の大幅増が成長率を押し上げた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

最終更新:6/1(木) 18:41
ロイター