ここから本文です

【鹿島】石井監督を解任…補強に結果見合わず

6/1(木) 6:05配信

スポーツ報知

 鹿島は31日、石井正忠監督(50)を解任し、大岩剛コーチ(44)が新監督に就任すると発表した。初制覇を目指したACLで30日の決勝T1回戦での敗退を受け、強化部が今季の成績や采配を分析。この日の朝、強化責任者の鈴木満常務が「今がベストのタイミングだと思って決めた」と解任を通達した。

 石井監督は2015年7月、コーチから昇格。選手の主体性を重視するスタイルで結果を残した。同年ナビスコ杯(現ルヴァン杯)を制覇。昨年JリーグCSを制し、クラブW杯決勝のRマドリード(スペイン)戦では延長戦で2―4と敗れたものの、実力を世界に示した。約1年11か月の在任期間で3タイトルを獲得した。

 Jリーグは1試合未消化分があり、鹿島は首位・柏から勝ち点6差の7位。鈴木常務は「選手のポテンシャルを出し切れていない。選手個人に、より具体的な指示を送れる監督が合う」と現状打破を優先した。石井監督はクラブ公式SNSで「思うようなチーム作りができなかった事を大変申し訳なく思います」とコメントした。

最終更新:6/1(木) 6:05
スポーツ報知