ここから本文です

【大宮】ルーキーのMF山田がデビュー戦で決勝点の起点

6/1(木) 7:03配信

スポーツ報知

◆YBCルヴァン杯 ▽グループステージ第7節A組 磐田1―2大宮(31日・ヤマハスタジアム)

 ルーキーが勝ち点3へ大きな仕事をした。1―1で迎えた後半ロスタイム1分だ。前半9分にFW大前が一発退場。10人で戦ってきた最後にチャンスは訪れた。左サイドでMF山田がボールを持つと、FW清水にパス。そこから左クロスがあがり、最後はMF岩上が決勝点を突き刺した。1人ビハインドの中戦った82分目。起点になったのはデビュー戦となったルーキーの山田だった。

 1―0と1点リードの後半32分にMF茨田と代えて山田が投入された。初の公式戦采配となった伊藤彰監督(44)は「ユースの時から見てきている選手。ある程度できるのは自信もっていた」と投入。左のインサイドハーフで投入されたが、ピッチに入った直後に同点にされた。しかし、最後に決勝点の起点となった。

 「体を張って守ってくれたし、苦しい状況の中で頑張ってくれた」と指揮官。今季、ユースから昇格した唯一の男。渋谷洋樹前監督(50)の下では出番はなかったが、伊藤新監督初戦でいきなり出番が来た。そこで、ロスタイムに決勝点の起点という形で期待に応えた。新体制で、個人としてはプロの初出場という形を迎えた山田。勝利に絡んだことは大きな経験になったはずだ。

最終更新:6/1(木) 10:16
スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報