ここから本文です

【全仏テニス】1日の注目はK・プリスコバが挑む2回戦の壁

6/1(木) 8:58配信

スポーツ報知

◆テニス 全仏オープン第5日(1日)

 1日の注目カードを取り上げる。

 ◆女子シングルス2回戦

カロリーナ・プリスコバ(チェコ)vsエカテリーナ・アレクサンドロワ(ロシア)

 第2シードのK・プリスコバが2回戦の壁に挑む。昨年の全米オープンで準優勝。4大大会は過去3回戦進出が最高だったところから一気にブレイクし、今年の全豪でも準々決勝まで進んだ。

 ところが全仏は過去5度出場し、最高成績は14、15年の2回戦と苦手にしている。4月のシュツットガルト以降、クレーで4大会に出場。イタリア国際では準々決勝まで進んだ。「たっぷり自信が持てたとは言えないけど、多少はプレーできる自信がついた」と成長を感じている。

 世界ランク1位のA・ケルバー(ドイツ)が1回戦敗退を喫し、2位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)は妊娠中で欠場。今大会の結果次第では女王の座に就く可能性が出てくる。「シード順は関係ない。どんな選手にだって、プレッシャーはある」。平常心を貫き、鬼門を突破する。

最終更新:6/1(木) 11:17
スポーツ報知