ここから本文です

新大関・高安が食べる16品をテレビで実食、合計3万1500円

6/1(木) 11:09配信

スポーツ報知

 1日放送の日本テレビ系「PON!」(月~木曜・前10時25分)で大相撲で新大関に昇進した高安(27)の行きつけの店で食べる16品を実食した。

 茨城県土浦市出身の高安。番組では行きつけの店として同市内の「レストラン中台」を紹介した。現在、同店では昇進祝いとして「高安関コース」と題し、オードブル、エビフライ、しゃぶしゃぶなどの7000円のコースを半額の3500円で提供している。

 さらに同店を相撲芸人のあかつ(36)が訪れ、いつも高安が食べている16品を実食した。メニューはシーザーサラダ、ソーセージ、牛の串焼き、牛のたたき、エビフライ、カツサンド、カニクリームコロッケ、ポークソテー、サイコロステーキ、メンチカツ、ビーフシチュー、ビーフシチューカレー、ハンバーグチーズ焼き、牛しゃぶしゃぶ、豚しゃぶしゃぶ、デザートの16品。金額は計3万1500円という。

 10品目のメンチカツとしゃぶしゃぶは番組スタッフの助けも借りながらも完食したあかつは「高安関の胃袋は大関級というより横綱級です」と脱帽していた。

最終更新:6/1(木) 11:09
スポーツ報知