ここから本文です

ロッテ連敗3で止める 唐川2勝目、新外国人サントスも初安打初打点

6/1(木) 21:28配信

デイリースポーツ

 「交流戦、ロッテ8-1阪神」(1日、ZOZOマリンスタジアム)

 ロッテが連敗を3で止め、交流戦の今季初勝利。先発・唐川は7回7安打無四球の1失点で2勝目(5敗)を挙げた。

【写真】8回には新助っ人サントスがタイムリー

 0-1の初回、鈴木の左越え2点二塁打と根元の左中間適時二塁打で3点を奪い逆転。五回は角中の適時内野安打で1点を追加。八回は三木の左線2点二塁打、田村の中越え適時三塁打、新外国人サントスの初安打初打点となる右前適時打で4点を加え、リードを広げた。

 唐川は、「チームは連敗し、僕は休みをもらっていたので、今までのピッチングを取り戻したいという気持ちで投げた。初回に点を取られたが、大地(鈴木)、根元さんが打ってくれて勇気づけられた。(捕手の)吉田が引っ張ってくれたおかげです。また次の登板に向けて頑張りたい」など語った。

 阪神は連勝が2で止まった。先発・メッセンジャーは7回6安打4失点で2敗目(6勝)。初回、先頭・高山の中越え5号ソロで1点を先制したが逆転された。