ここから本文です

錦織3回戦へ進出 シャルディーにストレート勝ち、第3セットは反撃しのぐ

6/1(木) 22:12配信

デイリースポーツ

 「テニス全仏オープン」(1日、パリ)

 男子シングルス2回戦で、第8シードで世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)は、同74位のジェレミー・シャルディー(フランス)を6-3、6-0、7-6のストレートで下し、3回戦へ進んだ。

【写真】フォアハンドを打ち込む錦織圭

 四大大会(グランドスラム)の男子シングルスは5セット方式で3セットを先取した方が勝者となる。

 錦織は第3セットをゲーム数3-0としたところでメディカルタイムアウトを取り、ベンチで日傘の下、上半身裸になり右胸付近のマッサージを受けた。

 その後はシャルディーに6ゲームを奪われたが、タイブレークの末に勝負をつけた。

 錦織は試合後、「内容はすごく良かった。第3セットは3-0から巻き返されたが、それ以外はほぼ完璧だったのでポジティブなところがきょうは多かった。自分から攻めていけたのが1回戦とは違った。(シャルディーは)ビッグサーバーと打ってくる選手だったが、それに負けず、守りだけにならずプレーするように心掛けた」と振り返った。