ここから本文です

鳴ル銅鑼がニューアルバム「汎神論」発売、無料配布CD「DUNE」も収録

6/1(木) 20:57配信

音楽ナタリー

鳴ル銅鑼が2ndフルアルバム「汎神論」を9月6日にリリースする。

彼らにとってミニアルバム「文明開化」以来約11カ月ぶりの全国流通盤となるこの作品。東海地区を中心に全国のCDショップの店頭で本日6月1日よりCDが無料配布されている「DUNE」を含む、全11曲の収録が予定されている。

【写真】鳴ル銅鑼「DUNE」ジャケット(他1枚)

なお「DUNE」は“映画史上最も有名な実現しなかった映画”と呼ばれるアレハンドロ・ホドロフスキー監督作「DUNE」にインスパイアされ作られた楽曲。三輪和也(唄、六弦)はこの曲で「完成することがないものの素晴らしさ」や「完成させようと追い求める姿勢の美しさ」を表現した。バンドのYouTube公式チャンネルでは本日よりこの曲のミュージックビデオが公開されている。

鳴ル銅鑼は明日6月2日、愛知・RAD HALLで開催される「SAKAE SP-RING 2017 前夜祭 BEFORE SP-RING」に出演して「DUNE」をライブ初披露。これを皮切りに9月4日まで、鳴ル銅鑼のライブの物販に無料配布シングル「DUNE」を持っていくと、KAGEROのピアニスト・菊池智恵子が参加している「DUNE 三輪和也ver.」がプレゼントされる。

SAKAE SP-RING 2017 前夜祭 BEFORE SP-RING
2017年6月2日(金)愛知県 RAD HALL
<出演者>
鳴ル銅鑼 / THREE LIGHTS DOWN KINGS / セプテンバーミー / アイビーカラー / アロネス

最終更新:6/1(木) 20:57
音楽ナタリー