ここから本文です

高嶋ちさ子、帯状疱疹で苦しんでいた「痛くて眠れず…参った」

6/1(木) 12:05配信

スポーツ報知

 バイオリニストの高嶋ちさ子(48)が1日、自身のブログを更新。帯状疱疹と診断され「痛くて眠れず…参った」と苦しんでいることを明かした。

 高嶋は5月30日のブログで「日曜日から謎の発疹で、月曜日お医者さんに行ったら帯状疱疹と。原因が過労とストレス」と告白。長男と次男も心配しているそうで「一生懸命薬塗ってくれたり。優しい子 次男も、『痛くない方で抱っこして』だって」とつづっていた。

 この日は「帯状疱疹2」のタイトルで記事をアップし、「痛くて眠れず…参った。こんなに痛いとは」と苦しみを吐露。「火曜日の富山でのコンサート。痛い場所にヴァイオリン乗っけて弾くのが、本当に痛い。弾いているときは大丈夫だけど、おろした後に激痛」と明かし、「しかもこのドレスしか着られない」と右肩が出たドレスを着ている姿をアップした。

 毒舌キャラで知られる高嶋だが「今日は保護者会からのイマージュのリハーサルからのめざクラのリハーサル。過酷な1日 頑張れるか…心配」と珍しく弱音をつづった。

最終更新:6/1(木) 12:05
スポーツ報知

Yahoo!ニュースからのお知らせ