ここから本文です

ロッチ・コカド 滑舌良くするため舌手術…失ったものは「ら行」の滑舌

6/1(木) 23:22配信

デイリースポーツ

 滑舌の悪さで知られるお笑いコンビ「ロッチ」のコカドケンタロウが1日、日本テレビ系「ダウンタウンDX」に出演。滑舌を良くするため、舌の裏を切り、舌を長くする手術を受けたことについて詳細に語った。

 コカドは2014年に舌の手術を受けている。

 この日はMCのダウンタウンに「滑舌が悪かったんで、滑舌の手術を受けました」と報告。浜田雅功から「それで?!」、松本人志から「失敗やった!」と一斉に驚かれた。

 手術については(1)舌の裏の筋(舌小帯)を切る (2)舌をのばし、麻酔を打つ (3)舌の先を針と糸でくくりつけ、のばす (4)舌を引っ張っている間に切って、またのばす、を繰り返す (5)ある程度のびたらそこを縫う (6)1週間程度で抜糸--と詳細に説明。

 手術をして「カキクケコ、タチツテトってこんな言えてなかったんですよ!」とカ行とタ行の滑舌が良くなったと力説したが、「ただ、今まで言えてたラリルレロが言えなくなった」と明かし、爆笑を誘っていた。