ここから本文です

舛添前知事へテリー伊藤氏に続き宮根アナも出演オファー

6/1(木) 15:01配信

スポーツ報知

 1日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)で、前東京都知事の舛添要一氏(68)が出版した著書「都知事失格」(小学館、1404円)について特集した。

 番組では著書の内容を紹介。同書は「誰が私を刺したのか」として、公私混同問題や政治資金問題が浮上してから辞任まで激動の3か月について触れている。豪華すぎる海外出張も批判を浴びたが「ファーストクラスは悪なのか」などの刺激的なタイトルが並ぶ。「韓国訪問とヘイトスピ―チ」についても言及し、小池都政についても論評。「反省と後悔と、小池知事への伝言」としている。

 宮根誠司アナウンサー(54)は「舛添さん一回、来てもらいましょう。思いのたけ語ってもらってね。昔、よく来ていただいた」と画面を通じて出演をオファーしていた。

 この日、午前中のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)でも舛添氏の著書を特集。コメンテーターのテリー伊藤氏(67)が「ここに来てもらって話を聞くのも悪いことではないと思います。ボクは社会的に抹殺する気はまったくない。都民の代表として言ってもらうことはいいことだと思います」と舛添氏に出演を呼びかけており、舛添氏が宮根アナ、テリー氏のどちらかのラブコールを選ぶのか。いずれも受け入れるのか。あるいは、どちらも出演しないのか。その判断が注目される。

最終更新:6/1(木) 15:01
スポーツ報知