ここから本文です

ベッキー、謹慎解除の狩野英孝にエール「共演できる日を楽しみにしています」

6/1(木) 16:06配信

スポーツ報知

 タレントのベッキー(33)が1日、都内で、手塚治虫生誕90周年記念した舞台「Amazing Performance W3(ワンダースリー)」(7月1日~9日、DDD青山クロスシアター)の制作発表会見に登場し、アンバサダーに就任した。

 2000年に出版されたムック本「手塚治虫のキャラクターグッズコレクション」の表紙を飾るなど手塚さんとは縁があったといい、「原作はもちろん読みました。何十年も前に書かれたものだけど、今も色あせない。手塚先生からの手紙だと思った」。

 主人公の少年と出会った3人の宇宙人が影響を受けていく姿を描く同作にちなみ、ベッキーはこれまでに影響を受けた人物に元SMAPの中居正広(44)を挙げた。理由について「(番組)収録中は『早く帰って野球見てぇ~』とか言ってるけど、スタッフの方に聞くと、台本を前日までに取り寄せて自分なりに考えいる。台本見たら書き込みがあった」と中居の“裏の顔”を明かし、「内に秘めた情熱。追いつかないけど、影響を受けてます」と語った。

 一方、未成年との淫行騒動で無期限謹慎中だったお笑い芸人・狩野英孝(35)が同日、事務所から処分を解除されたことについて聞かれると、「え~っ。そうなんですか」と驚きの表情。ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(28)との不倫騒動で昨年1月から約半年間の謹慎生活を余儀なくされた“先輩”は、「共演できる日を楽しみにしています」と笑顔でエールを送った。

最終更新:6/1(木) 16:06
スポーツ報知