ここから本文です

現役高校生が巨人3軍戦に登板…BC滋賀・渡辺の描く「十七歳の地図」

6/2(金) 11:04配信

スポーツ報知

 4月から巨人の公式SNSでライブ配信される3軍中継のMCを担当している。G球場の放送ブースからグラウンドを見つめ、3時間ひたすらしゃべり続けているのだが、これが楽しい。タッグを組む解説者は定岡正二さん、吉村禎章さんら憧れのレジェンドばかり。後楽園球場の大舞台を目指し、ファームで汗を流していた若かりし頃の話は、例外なく面白い。何よりもハングリーに上を目指す3軍ナインや独立リーグの選手の奮闘を伝えることに、やりがいを感じる。

【写真】巨人育成・田中大はBC交流戦で“プロ初勝利”

 5月22日、対戦するBC滋賀のスタメン表を見て、私は仰天した。先発投手はまだ17歳の現役高校生だったからだ。日本高野連の登録外とはいえ、「GIANTS」のユニホームを相手に高校生が投げるなんて、前代未聞だろう。

 その名は渡辺明貴(あき)投手。186センチの長身から放つ角度のある直球が魅力だ。最速144キロ。3軍だが、猛者ぞろいのG戦士を相手に、真っ向勝負を挑んだ。気持ちで向かっていったが、強烈な打球を食らった。

 「全力で投げましたが、きょうはあまり良くなかったです。NPBの打者の方々は、甘いコースにいっただけで長打になってしまう。低め低めを狙って投げられるように練習しないと」。5回途中8安打4失点。収穫と課題の詰まった97球だった。

 早実・清宮幸太郎と同世代。本来なら甲子園を夢見て、最後の夏を目前にした季節だろうか。山梨県笛吹市出身の渡辺は中学時代、硬式の笛吹ボーイズでプレー。卒業後は静岡県内の高校に進学したが、環境になじめず3か月で退部した。

 「辞めた時は、もう野球はいいかなって…」。故郷に戻り、地元の仲間と遊ぶ自由な日々。ある高校のグラウンドの前を通ると、打球音が聞こえた。血が騒いだ。そして思った。「自分には野球しかない」―。

 15年9月から通信制の第一学院高甲府キャンパスに通い、山梨のクラブチーム「山梨球友クラブ」に加入。再び白球を握った。周囲のサポートもあり、トライアウトを経て、16歳で今年1月、創設1年目のBC滋賀に入団。夢はNPB入りだ。好素材としてスカウトも注目している。

 誰にでも挫折はある。大切なのはその後だ。様々な事情で野球を断念した若者がもう一度、再挑戦できる環境があるといい。渡辺は言う。「迷惑をかけた親に恩返ししたい」。その右腕で証明してくれ。野球人生は、やり直し可能だということを。(記者コラム・加藤 弘士)

 

最終更新:6/2(金) 12:29
スポーツ報知