ここから本文です

5連勝で平安Sを制したグレイトパール骨折!休養へ

6/1(木) 17:53配信

スポーツ報知

 5月20日の平安Sを4馬身差で圧勝し、重賞初制覇を飾ったグレイトパール(牡4歳、栗東・中内田充正厩舎)が右第1指骨剥離骨折と診断され、休養に入ることが分かった。1日、JRAが発表した。

 同馬はデビュー4戦目に初めてダートへ起用され2勝目を挙げると、砂では無傷の5連勝の快進撃で平安Sを制した。今後は6か月以上の休養を要する見込みで、秋のダート王決定戦のチャンピオンズC(12月3日、中京)挑戦は微妙な状況となった。

 中内田調教師「精密検査の結果、骨折していることが分かりました。残念ですが、症状としては軽度なので、秋以降の復帰を目指したいと思います」

最終更新:6/1(木) 18:07
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ