ここから本文です

【日本ハム】中村、勝利投手の権利持って降板「リラックスしてマウンドに上がることができました」

6/1(木) 20:29配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 日本ハム―DeNA(1日・札幌ドーム)

 648日ぶりの勝利を目指して先発した日本ハム・中村勝投手(25)が、5回3失点で勝利投手の権利を持って降板した。序盤から140キロ台の直球、90~100キロ台のカーブを有効に使い、4回まで3安打無失点。4点リードの5回に2死から2本のアーチを浴びるなど3失点したが、試合を作った。

 右腕は「前回登板よりはリラックスしてマウンドに上がることができました。立ち上がりから状態は良かったんですが、反省すべきは5回。野手の方々がたくさん点を取って援護をしてもらい、スイスイといかなければいけない場面でした。しっかり反省をして、次回以降へ生かしていきたいと思います」とコメントした。

最終更新:6/12(月) 4:06
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報