ここから本文です

脳梗塞の桂ざこば出演予定だった「銀二貫」が初日…藤山扇治郎「ざこば師匠の分まで」

6/1(木) 21:15配信

スポーツ報知

 「塞栓性脳梗塞」などを発症した落語家・桂ざこば(69)が出演予定だった舞台「銀二貫」が1日、大阪・中央区の大阪松竹座で初日を迎えた。

 今作は高田郁さんの小説が原作で、大阪・天満を舞台に、商人が周囲の人との縁を大切にしながら奮闘していく物語。主演の藤山扇治郎(30)は「与えられたことを一生懸命やらせていただきました。高田次郎さん、曽我廼家文童さん、赤井英和さんの大先輩の胸をお借りして、無我夢中のうちに初日の幕が無事に終わりました」とコメント。「まだまだ力は及びませんが、一緒にけいこを重ねてきたざこば師匠の分まで、精いっぱい、千秋楽まで勤めさせていただきます」と入院中のざこばにエールを送った。

 ざこばは開幕5日前の5月27日に大阪市内の病院に緊急搬送され、舞台は休演。桂米朝一門の弟弟子の桂米団治(58)と松竹新喜劇の高田次郎(85)がダブルキャストで代演を務める。公演は11日まで。

最終更新:6/1(木) 21:34
スポーツ報知