ここから本文です

【楽天】則本、7試合連続2ケタ奪三振の日本新記録も「記録は勝手についてくるもの」

6/1(木) 23:12配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 楽天3―2巨人(1日・Koboパーク宮城)

 楽天・則本昂大投手(26)が12奪三振を奪って、7試合連続2ケタ奪三振の日本新記録を樹立した。

 最初の三振を奪ったのは、2回2死満塁で9人目の打者だった小林から。そこから5者連続三振などで4回までに6K。7回9Kで球数は114球だったが8回のマウンドにも上がると、坂本、マギー、阿部の巨人クリーンアップから3者連続三振を奪った。

 12個目の三振となった阿部への決め球は146キロのフォーク。通常よりも5キロほど速い球速が表示され「思いっきり腕を振った。最後は本当に冗談じゃなくファンの人たちが声援をくれて今までなかった力が出たかなという感じがした」と雨が降りしきる中、本拠地に集まった2万5040人のファンに感謝した。

 6試合連続白星でハーラートップの7勝目(1敗)。チームも球団初の交流戦3連勝スタートを決め、今季初の5連勝とした。2位・ソフトバンクとの差も今季最大の4・5。前人未到の記録に今後も挑んでいくエースは「球数が前半すごくかさんでしまったので、そこさえなくしていけば、あとは記録は勝手についてくるもの。途切れるかも知れないし、継続できるかも知れない。僕個人ではどうすることも出来ない。このまま自分が投げる試合は常に勝てるようにやっていきたい」と気を引き締め直していた。

最終更新:6/1(木) 23:18
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/27(火) 11:30

Yahoo!ニュースからのお知らせ