ここから本文です

【NBA】離脱中のウォリアーズ指揮官、NBAファイナル中に復帰の可能性

6/1(木) 14:21配信

ISM

 現地31日、約2年前に受けた腰手術の合併症で療養しているゴールデンステイト・ウォリアーズのスティーブ・カーHCが、クリーブランド・キャバリアーズとのNBAファイナル中に復帰する可能性があることが分かった。

 これは、米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』のウェブサイトが同日に報じたもの。カーHCは、離脱したプレーオフ1回戦のときと比べて回復している様子で、関係者はNBAファイナルのシリーズ中にベンチに戻ってくる可能性があると話していたという。

 同サイトによると、監督代行を務めているマイク・ブラウンACは、カーHCが6月1日の第1戦で復帰するかどうかは、試合直前にならないと分からないとしているようだ。また、カーHCが戻ってきたときには、いつでも身を引く準備はあると語っていたとのこと。

 カーHCは、合併症の影響で頭痛や吐き気に悩まされ、ポートランド・トレイルブレイザーズとのプレーオフ1回戦の第3戦から離脱。また、5月上旬に髄液漏を治療する手術を受けたあとは、調子のいい日もあれば悪い日もあると明かしていたと、『ESPN』は伝えている。

最終更新:6/1(木) 14:21
ISM