ここから本文です

濱田龍臣「うれしい」 『ウルトラマンジード』メインキャスト&ビジュアル発表

6/1(木) 11:19配信

オリコン

 俳優の濱田龍臣が1日、東京ビックサイトで開催中の『東京おもちゃショー2017』内テレビ東京系特撮番組『ウルトラマンジード』(毎週土曜 後9:00※7月8日スタート)制作発表に出席した。自身が変身(フュージョンライズ)するウルトラマンジードのプリミティブ、ソリッドバーニング、アクロスマッシャー3タイプのウルトラマンと並び、「まさか変身させていただけると思わなかったのでうれしいです」と喜びをかみ締めた。

【画像】発表された『ウルトラマンジード』のビジュアル

 人気作家・乙一氏がシリーズ構成を手がける同作は、悪のウルトラマン・ベリアルの息子でその遺伝子を受け継ぐ朝倉リク(濱田)がウルトラマンジードとして幼い頃から憧れていたヒーローになるために立ち上がる。決めゼリフは「ジーッとしてても、ドーにもならねぇ!」。

 なお、濱田は主題歌「GEEDの証」を「朝倉リクwithボイジャー」として担当することも明かされ「レコーディングが緊張しましたが楽しく歌うことができました」と手応えをにじませた。

 制作発表には、刀剣を操る女の子・鳥羽ライハ役に山本千尋、リクの幼なじみで異星人を捜査するエージェントの愛崎モア役の長谷川眞優、ウルトラマンゼロと一体化するサラリーマン・伊賀栗レイト役の小澤雄太、怪獣カプセルをスキャンしてベリアル融合獣に変身する敵・伏井出ケイ役の渡辺邦斗が登壇した。

 また、リクの親友となるペガッサ星人のペガ人の声優には潘めぐみ、人工知能・レムを三森すずこも登壇。なお、発表会には欠席となったがウルトラマンゼロの声を宮野真守、ウルトラマンベリアルを小野友樹が演じることも発表された。

最終更新:6/1(木) 14:11
オリコン