ここから本文です

【オリックス】ディクソン5勝目、3歳長女抱いてお立ち台

6/2(金) 1:57配信

スポーツ報知

◆日本生命セ・パ交流戦 オリックス3―2ヤクルト(1日・京セラドーム大阪)

 オリックスのブランドン・ディクソン投手(32)が、7回2失点の好投で5勝目を挙げた。ヤクルト・バレンティンにソロを浴びた初回と、3連打を浴び失点した4回以外は、ヤクルト打線を3者凡退に斬って取った。

 試合後のお立ち台には、長女のナラちゃん(3)を抱いて登場。前日の31日に自宅で試合を見ていたローレン夫人から提案があり、この日ヒーローになったら、一緒にお立ち台に上がる約束をしていたという。見事に約束を果たし「叶って良かったよ。(ナラちゃんは)カメラの前ではシャイだったけど、(グラウンドを)走っている間はうれしそうにしていたね」と笑顔で振り返った。

 オリックスは対ヤクルト戦に2年連続で3連勝し、これで2015年から続く同カードの連勝を「7」に伸ばした。チームも4連勝で、楽天と並んで交流戦首位。5月は6勝19敗と低迷したオリックスだが、ここから波に乗っていけるか。

最終更新:6/5(月) 22:20
スポーツ報知