ここから本文です

【仙台】FWクリスラン、ルヴァン杯3発で決勝T進出貢献「決勝まで行ける」

6/2(金) 1:57配信

スポーツ報知

 J1ベガルタ仙台FWクリスラン(25)が1日、決勝トーナメント(T)進出が決まったルヴァン杯について「決勝まで行けると思う」と自信を見せた。

 仙台は5月31日、ルヴァン杯グループステージ(GS)A組の2位・F東京が清水に敗れたため、1位での決勝T自動進出が決定。2013年以来4年ぶりの8強入りとなった。

 GSでは初戦でF東京に0―6の大敗。しかし、クリスランは続く磐田戦で来日初ゴールとなるV弾。柏戦では敗色濃厚だった0―1の後半ロスタイムに同点弾を決めるなど、MF佐々木匠(19)とともに3得点で決勝T進出に貢献した。

 187センチの長身ストライカーは、1位突破に「苦しい状況から始まったが、全員が努力をした成果だと思う。どの試合も勝ちたい気持ちが強く、逆転した試合もあり、最後までみんなが一生懸命やったから1位で終えた。全員の頑張りが結果につながったのは良かった」と喜んだ。

 2015―16年季に移籍したポルトガル1部SCブラガでは国内カップ戦優勝。仙台にとってクラブ初の4強を超え、初タイトルとなるルヴァン杯優勝にも「F東京との忘れたいような試合の後には、決勝まで行こうという気持ちは少し欠けていた。でも、試合を重ねるごとに自分たちの勝ちたい、勝てるという気持ちが強くなっていった。今は決勝まで行けると思う」と意欲的だった。

 決勝Tの組み合わせは、7月31日に決定。準々決勝はホーム&アウェー方式で、8月30日と9月3日に行われる。

最終更新:6/2(金) 1:57
スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報