ここから本文です

暫定1位のシンデレラ・NGT48荻野由佳、歓喜から一夜明け小林幸子と地元で田植え

6/1(木) 20:43配信

オリコン

 5月31日に発表された『第9回AKB48選抜総選挙』の投票速報で、過去最多得票数となる5万5061票で暫定1位となる番狂わせを演じたNGT48の荻野由佳(18)。歓喜から一夜明けた6月1日、いつもと変わらぬ地域密着活動にメンバーとともに参加した。

【写真】「白根大凧合戦」市中パレードに参加したNGT48 

 荻野は、新潟出身の歌手・小林幸子が2004年の新潟中越地震以降、続けている「山越地域『小林幸子田(でん )』田植え」に、小熊倫実&山田野絵とともに参加。4月12日に新潟市内で行われたNGT48メジャーデビュー記念イベントに、小林がサプライズゲストとしてお祝いに駆けつけたお礼として、今回NGT48として初参加した。

 3人とも本格的な田植えは初めての経験となり、水田に足を取られるなど、悪戦苦闘。それでも小林から直々に手ほどきを受け、稲を植えていった。終了後、小林は報道陣から「NGT48のママとして、荻野が本番でも1位を取ったらどうする?」と聞かれると、「『メガ幸子』をあげちゃう」と宣言。メンバーも大喜びし、荻野も「新潟のためにも貢献したいです!」と総選挙本番に向けて決意を新たにした。

 一夜にしてシンデレラガールとなった荻野は、チームNIIIの副キャプテンで愛称は“おぎゆか”。ファンの間では不屈の精神の持ち主として知られる。2012年にAKB48の14期生オーディションに落選。翌13年には15期オーディションを受け、仮研究生になったがセレクション審査で不合格に。14年9月にバイトAKBに合格したものの、半年足らずの15年2月で契約満了。同年5月の『第2回AKB48グループドラフト会議』で2巡目指名を受けたNGT48に入り、ようやく正規メンバーとなった。

 開票イベントは6月17日、沖縄・豊崎海浜公園 美らSUNビーチで開催。1月に行われた『リクエストアワー』でNGT48の持ち歌全3曲が1位、5位、7位に入ったように、総選挙でもNGT旋風を巻き起こせるか注目が集まる。

最終更新:6/2(金) 11:06
オリコン