ここから本文です

桃田(富岡高出身)復帰戦V バド日本ランキング大会

6/1(木) 10:02配信

福島民報

 バドミントンの日本ランキングサーキット大会は最終日の31日、さいたま市記念総合体育館で各種目の決勝を行った。昨年4月に発覚した違法賭博問題による試合出場停止処分が解除されて復帰した男子シングルスの桃田賢斗選手(22)=NTT東日本、富岡高出身=は日本代表で世界ランキング53位の上田拓馬選手(28)=日本ユニシス=を2-1で下し、復帰戦を優勝で飾った。
 桃田選手は序盤から攻め続け、第1ゲームを21-13で先取。第2ゲームを14-21で奪われたが、最終第3ゲームを接戦の末に21-19で制した。
 桃田選手の大会優勝は、昨年4月にニューデリーで行われたスーパーシリーズ「インド・オープン」以来、約1年2カ月ぶり。

福島民報社

最終更新:6/1(木) 11:08
福島民報