ここから本文です

【映像】カブール自動車爆弾 ドイツ大使館も被害

6/1(木) 11:10配信

AP通信

(カブール アフガニスタン 5月31日 AP)― アフガニスタンの首都カブール中心部で31日に起きた自動車爆弾の爆発で、少なくとも80人が死亡、350人が負傷した。大統領府や各国大使館が並ぶ地区での爆発で、現場近くのドイツ大使館も被害を受けた。
 ベルリンのドイツ外務省によると、大使館員複数が負傷し、アフガニスタン人の警備員が1人死亡した。外務省は危機管理チームを編成し、爆発後の処理に当たらせるとしている。
 今回の爆発については、武装勢力タリバンも過激派組織「イスラム国」(IS)も犯行声明を出していない。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:6/1(木) 11:10
AP通信