ここから本文です

旭浄水場がリニューアル 高知・高知市

6/1(木) 19:49配信

テレビ高知

テレビ高知

大正14年に誕生した高知市の旭浄水場が耐震化の工事などを終え、新たに生まれ変わりました。

旭浄水場は大正14年、1925年に高知市初の浄水場として誕生し、戦火や南海地震もくぐりぬけてきました。赤いレンガと白い枠組みが特徴のルネッサンス様式を基調とした西洋風建築です。南海トラフ地震に備えた耐震化などのため、平成17年度にリニューアル工事が始まり、およそ12年、75億円をかけ、このほど完成。きょうは近くの旭東小学校の児童も参加して記念式典が開かれました。出席者らは鏡開きを行い、浄水場でできたばかりの水で乾杯しました。

新しい施設では災害対策用の機材倉庫や応急の給水栓を設置するなど災害時における応急給水拠点としての機能が強化されています。

式典の後、関係者らは、随所に残る大正時代からの雰囲気も楽しみながら、施設を見学していました。

最終更新:6/1(木) 19:49
テレビ高知

Yahoo!ニュースからのお知らせ