ここから本文です

NY株小幅安、銀行株に売り(31日)

6/1(木) 6:50配信

ロイター

5月31日水曜日-米国株式市場は小幅安。ダウ平均の終値は20.82ドル安の2万1008.65ドル、S&P500種の終値は1.11ポイント安の2411.80ポイント、ナスダックの終値は4.672ポイント安の6198.517ポイント。JPモルガンとバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)が厳しい業績見通しを示し、金融株が全般に売られました。JPモルガンは2.1%安、バンカメは1.9%安で取引を終了。ゴールドマン・サックスは3.3%下落と、ダウ構成銘柄中で最大の下げとなりました。半面、公益株や電気通信株などディフェンシブ銘柄は堅調でした。個別銘柄では、ファッション・ブランドのマイケル・コース・ホールディングスが8.5%急落。第4四半期は赤字転落、今後2年間に100店舗以上を閉鎖すると発表しました。ジェネリック(後発医薬品)部門の売却を検討していると発表した特殊医薬品のマリンクロットは1.2%下げました。半面、四半期業績が予想を上回ったアナログ・デバイシズは1.1%高で取引を終えました。ロイターの我謝京子がニューヨークからレポート。

最終更新:6/1(木) 6:50
ロイター