ここから本文です

チャレンジデー、宇部市敗北で秦野市の旗掲揚

6/1(木) 13:59配信

宇部日報

相手の健闘たたえる

 宇部市の久保田后子市長は1日、チャレンジデー敗北のルールにのっとり、市役所正面入り口のメーンポールに対戦相手の神奈川県秦野市の市旗を掲揚した。宇部市の結果は、人口16万8089人(2月1日現在)に対して参加者は7万6605人で、参加率は45・6%。秦野市は、16万6453人のうち7万9108人が参加。率は47・5%で、1・9%届かなかった。

 市は10万人参加を目標に掲げていたが、昨年の7万8202人、46・2%からわずかに数値を落とした。1日午前8時40分から掲揚した久保田市長は「昨年に続き、多くの市民に参加していただき、感謝している。チャレンジデーで、健康づくりのきっかけをつかんだ人もいることと思う。負けはしたが、目的は果たせたと感じる。素晴らしい成績を残した秦野市に敬意を表する。来年も10万人と勝利を目指して、参加したい」と語った。

 3年連続の参加となった宇部市の通算成績は、初年から勝ちと負けを交互に繰り返し、1勝2敗となった。秦野市旗は7日まで掲揚する。

最終更新:6/1(木) 13:59
宇部日報